六単塾 苦情

 

現在英会話の需要は非常に高く、社会人になってから習い出した人も多いと思います。

 

ただ、サラリーマンなど日頃仕事に追われている人だと、なかなか英会話スクールに通う時間がないため、インターネットを使ってオンライン英会話スクールを使って勉強している人もいるでしょう。

 

そんなオンラインスクールの1つに「六単塾」があります。

 

ただこの六単塾、高評価がある一方で苦情やクレームも多く、インターネットなどで口コミを調べてみても、賛否がハッキリ別れているオンラインスクールなのです。

 

では実際の六単塾の評価はどちらなのか?

 

ここでは、六単塾に寄せられている「苦情」とあわせて、六単塾がどういった英会話スクールで他のオンラインスクールとどう違いうのかを解説していきます。

 

 

 


六単塾ってどんなスクール?

六単塾は日中忙しくてなかなか英語の勉強ができない人のために、インターネットを使って英語の勉強をしてもらうサービスを展開しているオンライン英会話スクールです。

 

とはいっても、テレビ電話などを使ってネイティブの外国人と話したりするサービスがメインではありません。

 

使い方としては、まずメールアドレスを登録して、六単塾からメールが届くようにします。

 

その後、六単塾からカリキュラムが記載されたメールが届き、そのメールを読み進めると、中に英会話の問題が記載されていますので、それを解いていきます。(もちろん回答も同じメール内にありますので、すぐに答え合わせができます。)

 

この問題はライティングやリーディングだけでなくリスニングも含まれているため、英会話に必要なカリキュラムは一通り網羅しています。

 

どちらかいうと「会話を楽しむ」といったトーク形式の英会話スクールではなく、ゲーム感覚で英語を勉強していくスタイルの英会話スクールのため、初対面の人と話すが苦手な人には勉強しやすい形かも知れません。

 

全く英語が話せない状態で、いきなり外国人と話すのってかなり勇気が必要だと思います。

 

「うまく言えなかったらどうしよう・・・」
「言っていることが分からなかったらどうしよう・・・」

 

なんて不安を持っているがゆえに、なかなか英会話教室に通えない人もいると思います。

 

そんな人でも、六単塾ではメールでのやりとりがメインになるため、人と会話をする必要がなく、一人でコツコツ英語の勉強をすることができます。

 

また、単に英語を話すだけでなく、書いたり読んだりといった基礎的な力も身につきますので、TOEICなどを受ける目的で英語を勉強したい人にも効果的。

 

もちろん、リスニング音声を復唱することで英語を話す力も身につきますので、非常に「日本人」に合った勉強スタイルと言えるかもしれません。


六単塾に対する苦情とその裏にある真実

ネイティブな外国人先生と緊張しながら話すことなく、メールで送られてくるカリキュラムをこなすことによって英語の力を伸ばしていくのが六単塾のコンセプトです。

 

ただ、こうした勉強方法については否定的な意見もあり、中には苦情を出している人も少なくないのが現状です。

 

こうした苦情はインターネットなどにも挙がっていますが、冷静になって読んでみると

 

「これって六単塾が悪いわけじゃないような・・・」

 

といったものも多数含まれていました。

 

確かに六単塾はメールを使って英語を勉強するスタイルであり、そこが他のオンライン英会話スクールと決定的に違う部分ですから、人によって向き・不向きが出ることはあると思います。

 

しかしそれを差し引いても、単に利用者の使い方を改善すれば解決す様な内容も、苦情として挙がっているものがいくつもありました。

 

つまり

 

英語が上達できないことを全て六単塾のせいにしている人が中にはいる

 

・・・ということ。

 

では具体的にどういった苦情が挙げられており、どういった誤解を生んでしまっているのか・・・ここでいくつか紹介します。


10分で終わらないカリキュラム

 

六単塾では1つ当たりのカリキュラムが10分でできるよう構成されていると謳っています。

 

しかし、実際に送られてくるカリキュラムを全てこなそうと思うと、10分ではとても終わらず、人によっては1時間以上かかることも珍しくありません。

 

こうした“勉強時間の長期化”について苦情を言っている人がいるようですが、そもそも最初から10分で英語が勉強できるようなら、おそらく勉強そのものが必要ないように感じます。

 

最初はみんな「英語ができない」「英語が話せるようになりたい」と思って六単塾を利用始めたわけで、この時点で英語に関する知識やスキルはほぼゼロと言っていいでしょう。

 

そのため、英語に関する基礎知識が身についていないため、六単塾が謳っていた時間よりもかかってしまうのは当然ではないでしょうか。

 

  • 短時間で
  • ラクして
  • 効率よく

 

何かを学びたい・マスターしたいと思っている人は多いですが、世の中そんな甘いものではありません。

 

つまり、始めた当初は10分以上かかるのが当たり前で、どんどんやり続けるうちに徐々に勉強時間が短縮されていき、最終的に10分くらいでできるようになる・・・ということ。

 

最初からいきなり「10分」と勉強時間を区切るのではなく、時間をかけてでも真剣に取り組むことで確実に英語の力が養われていきますので、始めてしばらくは多少時間がかかるものだと認識しておくといいでしょう。

 

 

実践できる場が少ない

 

「英語は会話ができるようになってナンボ」

 

という認識が定着しているように、最近の英語は読み書きだけでなく、聞いたり話したりと
会話ができることに重点が置かれています。

 

そのため、外国人と直接話すようなスタイルのオンラインスクールが増えたわけですが、六単塾は基本的にメールを使っての勉強になるため

 

「覚えた英語を使う機会が少ない」

 

という苦情が一部では挙がっています。

 

確かにメールを主体に使ってカリキュラムをこなす六単塾では、覚えた英語を実践する場所というのが用意されていません。

 

しかし、実践する場所があるからといって英会話が上達するわけでもないのです。

 

極端な例を挙げますと、英語の勉強を始めて間もない人が、いきなりネイティブの外国人と会話ができると思いますか?

 

・・・おそらく緊張して何も話せないと思います。

 

外国人講師と対話するオンライン英会話スクールの場合、こうしたケースが意外と多いわけですが、六単塾では「英会話の基礎」をしっかりと身につけるためのカリキュラムがメールで送られてきます。

 

つまり、英語で外国人と話せるようになるための事前準備ができるというわけです。

 

もちろん英語は話すことによっても理解を深めることができますが、いきなり英語の世界に飛び込める勇気がない人からすると、外国人講師に習う英会話教室は入会するだけでもかなりのハードルに感じるはず。

 

そういう意味では、六単塾のカリキュラムは外国人と英語で話せるようになるための自信を手に入れることができるオンラインスクールと言えるでしょう。

 

 

価格が高いイメージ

 

他のオンライン英会話スクールと比べて六単塾は基本的にはメールでのやり取りになります。

 

そのため、外国人講師をたくさん確保する必要がないため、経費もかかっていないことから「月々の金額が高い」という印象を持っている人も少なくないようです。

 

六単塾は「1日125円」と謳っていますが、一ヶ月利用で3750円ですし年間にすると数万円かかる計算になります。

 

それがメールを送られるだけ・・・と考えると高いと感じるかもしれませんが、他のオンライン英会話スクールに比べると価格だけで見れば比較的安価になっています。

 

しかも六単塾は入会金が一切かかりません。

 

価格は300日間利用できるコースのみで申し込むことができるため、時間をかけてじっくりと確実に英語を勉強したい人は六単塾を利用されるといいでしょう。

 

気軽に英語を勉強したいなら六単塾はおすすめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

インターネットなどで挙がっている苦情やクレームの中には一方向からしか見なかった感想などが真実のように掲載されているため、「六単塾では英語は上達しない」と思うかもしれません。

 

しかしそれは大きな間違い。

 

六単塾はメールを使って学習するスタイルですから、受信したメールが閲覧できる環境であれば場所を選ばず英語の勉強をすることができます。

 

これはどんなオンライン英会話スクールにもないメリットです。

 

価格自体は300日間の縛りで表記されているため、単価そのものは高くなっていますが、六単塾を300日間しっかり勉強すれば、確実に英語の実力はアップするでしょう。

 

また、お試しでやってみたい人のために、無料メール講座の募集もしていますので、興味があるのならまずはそちらから始めてみてもいいかもしれません。

 

別に外国人に習うだけが英語の上達方法ではありませんから、六単塾を活用して自分のペースでコツコツと英語の力を身につけてもらえればと思います。